Lecipe64 ランチパックカスタム〜絶品改造サンドウィッチ~

マジメシ日記
Sponsor lnk

最近、お仕事が忙しくて、帰りが遅くなる日が続きました。

僕は丁寧にお仕事をしないと定期的に致命的なミスをするので、その分、お仕事するのが人より遅いです。

以前、上司の方がお仕事の効率のことを話している時に『時間はお金で買える』とおっしゃっていました。

僕的には『どちらかというと、できるモノなら時間を換金したいなぁ』なんて思ってしまいました。

だからダメなんですね。

Sponsor lnk

熟考コンビニ飯

そんな忙しい日が続いたので、今日はコンビニエンスストアで食べ物を買って買えることにしました。

僕はコンビニエンスストアでゴハンを買うのが苦手です。

理由はあまり美味しいと感じないことが多いのと、商品がいっぱいあって悩んでしまうからです。

今日もやっぱりお店に入ってからだいぶ悩みました。どれもそこそこ美味しそうなのですが、コレというモノがありません。

しばらく悩んだ結果、今日はどうせなら「苦手なモノ」にチャレンジしてみようと決めました。

Sponsor lnk

苦手の克服

なぜ苦手なモノをあえて選ぶのかといいますと、先日、お隣の家のオバーチャンから、大量のニンジンを頂いたのがきっかけでした。

僕はあまりニンジンが好きではなかったのですが、頂いたニンジンを捨てるわけにもいかないので、いろいろと工夫して食べました。

その結果、いまではニンジンが嫌いじゃなく、逆に割と好きになりました。

それはとても良いことなので、今回も特に食べたいモノがないなら、苦手克服にチャレンジしてみようとおもったのです。

コンビニエンスストアで苦手なモノ

本日購入したのは、お惣菜パンのランチパックとホットコーナーのチキンソテーです。

どちらも苦手です。

ランチパックは食べ物としての「コンセプト」は好きなのですが、パンの妙に甘い風味がいつまでも口に残って苦手です。

チキンソテーはコンビニエンスストアのレジ横のホットコーナーで売っているモノですが、僕はそれらの脂の味がダメです。

この二つを苦手克服のためにあえて買ってみました。

しかし、このまま食べたら、ただ苦手を再認識するだけだと思うので、少し工夫をしてみました。

ランチパックのチキンサンド

買ったのはランチパックの『チキンビーンズ味』二枚入り。

今回は、このランチパックを「ソースを内蔵した食パン」として、チキンソテーを挟んでサンドウィッチにすることにしたのです。

まずはランチパックを軽く電子レンジで加熱して「中のソース」を温めてから、オーブンレンジでトーストにしました。

そして粒マスタードを塗って、ピクルスとレタスをのせます。

そして、電子レンジで加熱したチキンソテーを挟んで完成です。

ギューっと潰してから、包丁で半分に切ってみると、なんともゴージャスなルックスのサンドウィッチになりました。

ランチパックの「構造」のおかげで断面が何層にも重なり、とても食欲をそそります。

いただきます。

(おわり)

inu
inu

後日談:

味の話を細かくするのは「粋ではない」ので、簡単に表現すると、「絶品」でした。粒マスタードが良い仕事をしてくれて、まるで良いホテルのルームサービスのサンドウィッチを連想させる味でした。(食べたことないけど)

しかし、苦手なモノと苦手なモノの組み合わせなのに、ここまで美味しく食べれるとは思いませんでした。

次はランチパックの王道のピーナッツバター味で挑戦してみようと思います。

いったい何を挟んでやろうかしら。フフフ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました