Lecipe76 ラード二度揚げフライドポテト~油じゃなくて脂〜

マジメシ日記
Sponsor lnk

以前、この日記で、僕の「フライドポテト愛」について書いたことがありました。

僕は居酒屋さんのフライドポテトがとても好きなのですが、いかんせん友達がひとりもいないし、自意識過剰なため、独りで居酒屋さんに行けず、なかなかソレにありつけません。

そこで本日は、自分で居酒屋さんのフライドポテトを再現して作ってみることにしました。

難しそうですが、友達を作るよりは簡単そうです。はい。

Sponsor lnk

居酒屋さんのフライドポテトの定義

以前、自宅で何度かポテトフライを作ったことがありました。

しかし、それは皮付きのジャガイモをスイカのような形に切って揚げたもので、お芋本来の美味しさを楽しむホクホク系の「ただのフライドポテト」で、居酒屋さんのソレではありませんでした。

Sponsor lnk

僕の中での居酒屋さんのフライドポテトは、長方形で細長く、ホクホク系というよりはサクサク系で、お芋の旨味よりもジャンクな旨味を楽しむモノなのです。

というわけで、試行錯誤しながらお料理スタート。

まずはひたすら皮剥きです。

皮剥き器のこの丸っこい「わっか」は、ジャガイモの目を取るものって知ってましたか?私は最近知りましたよ。

そして、縦長で細くカットしていきます。

それから水に一時間つけてジャガイモからデンプンを出します。なんだか海の木材置き場みたいな光景です。

これでベタッとせずにサクサク感がアップします。(理由はわからないけど)

一時間後、キッチンペーパーにあげて、水を拭き拭き。コレをしないと油であげるとき、大惨事になる可能性がありますよ(経験談)

まず、普通の油で揚げていきます。

今回は二度揚げなので、初回は常温の状態からジャガイモを入れて、フツフツしはじめたら、火を弱めて保温にします。

コレで10分。

これで芯まで火の通ったシナシナふにゃふにゃなフライドポテトができます。

そして、次にフライドポテトに居酒屋さんのジャンクパワーを与えます。

フライパンにお肉屋さんでもらったラードを加熱して、溶かします。

二回目は油でなく「脂」で揚げるのです。

揚げたてを食べるために付け合わせのソースを準備。

今回は居酒屋さんっぽくアンチョビガーリックソースとハインツトマトケチャップです。

で「脂」が180度まで加熱したら、高温のまま二度揚げを三分間です。

ジャー〜っ!という音と共に、なんともジャンクな脂とお芋の香りが鼻に届き、僕の居酒屋さんのフライドポテト欲が、だんだんと満たされていくのを感じました。

いただきます。

(おわり)

inu
inu

後日談:

味の話を細かくするのは「粋ではない」ので、簡単に表現すると、美味しいとか、美味しくないは別として、しっかり居酒屋さんのフライドポテトの味になりましたよ。やってみて良かったです。

でもちょっと何かが物足りない感じでした。やっぱり居酒屋さんの喧騒もスパイスなのかもですね。

友達かぁ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました