Lecipe2 サッポロ一番「キメラらーめん」〜二者択一の苦悩〜

マジメシ日記
Sponsor lnk

『fish or beef?』の苦悩

海外に飛行機で行くときに、機内でグースカ寝ていると、キャビンアテンドさんに『fish or beef?』なんて言われて飛び起きることがあります。

普段、家で寝ている時は、やかましいアラーム音でも『うん、うん、大丈夫、大丈夫』とか独り言をいって、アラームを消して二度寝しちゃう僕ですが、この『fish or beef?』の一言には、即時にバッチリ覚醒してしまうのです。

Sponsor lnk

寝起き直後のいきなりの食の選択。

これが難しい。そもそも選択決定のための情報が少なすぎます。

魚といっても、グリルなのか、フライなのか、生なのか。牛肉といっても、ステーキなのか、時雨煮的なものか、生なのか。(生はないか)

できることなら『fish and beef please』なんて言ってみたいけど、そんなワケにもいきません。

そんな感じでいつもオタオタと長考していまい、キャビンアテンドさんに迷惑をおかけしちゃいます。

Sponsor lnk

同じシチュエーションで、一秒くらいで即答できている人をみかけると、ああいう意志の強いオトナになりたいものだなぁ、なんてシミジミ思うわけです。

サッポロ一番とサッポロ二番

よくある二択で、インスタントらーめんのサッポロ一番の味は、味噌が美味しいか?塩がおいしいか?という定番の選択。

これに関しても、僕は『普段は塩だけど、冬なんかは味噌が食べたくなるし、でも胡麻油なんかを入れた塩味は好物で、でも味噌にラー油も美味しいし〜』なんて、モジモジしやがる始末です。

というワケで本日は、食の選択に弱い僕が、ひとまず自分なりにサッポロ一番の「みそしお問題」には終止符をうつことにしました。

かといって、両者の食べ比べというワケではなく『fish and beef』作戦です。

要するに、両方を混ぜて作ってしまうというキメラらーめんで解決をはかります。

サッポロ一番キメラ味

美味しい+美味しい=とても美味しい。

はず。

万が一失敗だったとき、袋麺だと量が多いので、今回はミニカップを準備。完成後、両者を混ぜていただくことにしました。

ただ、やはり具も欲しいので、野菜炒めをつくりました。

しかし、この味付けで一悶着ありましました。

僕は野菜炒めには、胡麻油、七味唐辛子、塩、胡椒、粉末スープをかけるのですが、胡麻油や塩、胡椒は塩ラーメンの手下だし、逆に七味唐辛子は味噌ラーメンの戦友です。

これでは、純粋な意味での五分のキメラらーめんにらならないため、今回は調味料なしで、勝負することにしました。

強火でサッと炒めると、ほぼ同時に両者のカップ麺が完成。

横長のお皿の両端にそれぞれを盛り付けると、しばらくは味噌の赤と、塩の白にわかれていたけど、やがてお互いが混ざり合っていくのでした。

たぶん一瞬のできごとだったと思いますが、なんだかそれは、恍惚とした綺麗な光景であった気がしました。

いただきます。

(おわり)

inu
inu

後日談:

味の話を細かくするのは「粋ではない」ので、簡単に表現すると。まぁ、美味しかったです。ただ両者の単品に比較すると、なんだかボケた味でした。

だったらはじめかは2つ別々に作って、片方ずつ食べた方がシアワセだなぁ、と感じました。

ただキメラらーめんの可能性は感じており、味の調和性のありそうな、カプヌードルカレー味とカップヌードルトマト味のキメラなんかは、割と悪くないんじゃないかなぁ、と感じました。今度やってみよう。(無反省)

コメント

タイトルとURLをコピーしました